肩こりの原因となる高血圧症の治療剤ザクラス

高血圧症は、原因が特定出来ていない本態性と血管疾患や内分泌疾患などの病気が伴う二次性の2種類に分類されます。 本態性は、初期症状や自覚症状が無く、病状が進行すると肩こりや頭痛、耳鳴り、めまいなどの症状が現れ始めますが、肩こりの原因には肥満や眼精疲労、ストレス、高血圧による内科系の異常などがある為に、肩こりの症状から高血圧症の進行に気づく事は難しいとされています。 厚生労働省の製造販売承認を受けている高血圧症治療剤ザクラスは、アジルサルタンとアムロジピンとの合剤であり、高血圧症治療剤ザクラス日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインが示すアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)とカルシウム拮抗薬の併用療法の有効性と安全性に基づいて開発されています。 血中半減期の長いアジルサルタンは、血圧を上昇させるホルモンであるアンジオテンシンIIの働きを阻害する事で血圧を低下させる薬効の強力なアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)であり、レニンアンジオテンシン系のアリスキレンとの併用は禁忌とされています。 アジルサルタン単独の重篤な副作用としては、血管浮腫や意識消失、急性腎不全、高カリウム血症、肝機能障害などが発現します。 アムロジピンは、長時間作用型ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬であり、動脈血管の平滑筋の収縮に必要なカルシウムイオンの流入を抑制し動脈の末梢血管を拡張させ血圧を低下させます。 アムロジピンの副作用としては、肝機能異常や薬疹、血管拡張に伴う頭痛、顔面潮紅、下肢の浮腫や歯肉肥厚などが発現します。 医療機関で良く用いられている高血圧症治療剤ザクラスですが、第一選択薬としては用いられておらず、一般にアムロジピンやアジルサルタンなど単剤で効果が不十分な場合に処方されています。