高血圧とカリウムの関連性と看護について

高血圧は塩分のとり過ぎが原因とされているのですが、野菜を積極的に食べることによってカリウムを摂取することができるので、体外に塩分を排出することができます。とくにウリ科の植物にカリウムが含まれているので、サラダを作るときにキュウリを使うことで高血圧を予防することができます。しかし高血圧の原因は塩分だけではないので、カリウムをとり過ぎたとしてもあまり意味がなく、生活習慣を見直さなければ塩分だけを減らしてもあまり意味がありません。日本の看護体制は非常に優れていて、患者が入院している期間には必ず看護師が付き添っているのですが、諸外国の場合は看護に関する考え方が異なっているので、患者の近親者が看護をしている国もあります。高血圧の原因とされているのは肥満や喫煙ですが、喫煙に関してはタバコを吸うのを止めるだけで病気のリスクを減らすことができるので、血管年齢が高いと判定された人などは禁煙をして脳血管疾患などのリスクを下げることを考えなければなりません。禁煙をすると精神的なストレスが大きくなる場合には、ガムを噛むことでストレスを和らげることができるのですが、ニコチン中毒を治療するためには禁煙用のガムを噛む必要があります。禁煙は中毒症状を抑制しなければならないので、周囲の人がタバコを吸っていると禁煙できる確率が下がってしまいます。アルコール中毒なども同じで、一度禁煙や禁酒に成功したとしても薬物に対する欲求が非常に強いので近くの人がアルコールやニコチンを摂取しているともう一度中毒になる可能性が高まってしまいます。カリウムは塩分を排出する効果はありますが、心臓病の場合には注意が必要なので医師に相談をしてから摂取する必要があります。