高血圧に関する週刊誌報道!改善は岩鼻で行う

高血圧の基準値について週刊誌報道でも話題になりました。人間ドック協会が、2011年に持病が無くタバコを吸わない人を対象に行った調査で、収縮期血圧の血圧値が147までは正常としての見解を出しました。それまでは高血圧治療ガイドラインによると、中年までの血圧低値が85未満で血圧高値が130未満、高齢者では低値が90未満で高値が140未満でしたので、正常値に開きが出たことで週刊誌報道で物議を醸し出しています。 現代社会は仕事でのプレッシャーを感じたり、ストレスを抱え込みやすい状況が多いため血圧が上がりやすくなっているといわれています。高血圧になると、体がだるくなったり頭痛や吐き気、めまい、動悸、息苦しいといった様々な症状を引き起こします。高血圧の改善をせずにそのままにしておくと、命にまで関わる疾患を引き起こすリスクが高くなります。週刊誌報道でも時々、高血圧の危険性と改善の大切さについて取り上げられます。血圧の上昇によって血管壁に絶えず圧力が加わり弾力性を失って動脈硬化を起こしやすくなります。そうなると心筋梗塞や脳梗塞、腎臓病など重大な疾患を引き起こしかねません。 高血圧の改善には、群馬の岩鼻にある病院で治療することができます。日本においては血圧が高い人がとても多く、厚生労働省の調査によると、平成25年において高血圧が原因での死亡数は7000人余りと報告されています。ですので血圧が高い状態を放置していることは良くありませんので、治療を行う病院として岩鼻もその対象となるでしょう。 高血圧ははじめのうちは自覚症状があらわれにくいものですから、健康診断を受けたり日々、家庭用の血圧計で測定したりして自分の血圧の状態を把握しておくことは大切です。めまいや動悸、頭痛などによって体調がすぐれないならば岩鼻の病院で診てもらいましょう。